まぶたが重くて開きづらいそれは眼瞼下垂かも

眼瞼下垂は上まぶたが垂れ下がり目が開きづらくなったり、視界が狭まり見えづらくなる状態のことです。
これは、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉や動眼神経の異常によって引き起こされるもので、先天性のものと後天性のものがあります。
先天性は眼瞼挙筋の形成不全で、後天性は加齢により筋力が弱まってくることや、コンタクトレンズの長期使用によるものです。
最近はパソコンやスマートフォンの長時間の使用による影響も伝えられています。
まれに重症筋無力症の場合もあるので、まぶたの不快な症状は年のせいと我慢をせずに、早めの受診が大切です。
放っておくと、無理に見ようとして無意識に眉を上げ額にシワが寄ったり、姿勢が悪くなり頭痛や肩こりの原因にもなります。
また、見た目にも腫れぼったく眠そうな目になり、美容的に見てもよろしくありません。
まぶたがスッキリすることによる、体全体に与える影響ははかりしれません。
眼瞼下垂は保険適用の疾患で、眼科や形成外科で手術が行われ、切開法や埋没法挙筋短縮法などの治療法があります。
信頼できる医師のもと納得されたうえ進めることが大切です。

Copyright©眼瞼下垂 All Rights Reserved.

眼瞼下垂